カードローンは返済方法を理解することから始めよう

カードローンは日常生活の中でちょっとお金が必要になった場合には、とても便利なものです。

子育て世代であれば子供の教育資金の足しにしたいですし、のんびり夫婦二人の生活に戻った世帯であれば長期の国内や海外の旅行を楽しむ費用にしたいこともあるのではないでしょうか。

また、趣味や習い事で準備したいものを用立てするためにまとまったお金が必要になることもあるかもしれませんね。

そのような時には、うまく利用することも考慮に入れたいものです。

ただし、カードローンは借りたお金に利子をつけた額をローン返済していくことになります。

ですから、返済計画をきちんと考えておくことも大切なことですね。

自分自身の月々の収入と生活費等のバランスを考慮して、無理なく返済額を捻出できるかどうかを先んじてシミュレーションしてみることも大事です。

そのためには、どのようなタイプの払い方を採用しているのかも、借りる前に把握しておきたいものです。

例えば、分割払いならば、月々の支払額が変わらないように元金と利息がそれぞれ返済回数に合わせて均等分割されているタイプになります。

また、リボルビング払いならば、毎月の支払額の中における元金の割合は不変で利子分が徐々に減少していくので月々の返済額も減っていくタイプと、毎月の返済額は変わらないが中に占める元金の割合が減るに従って利子分が増えるタイプがあります。

カードローンの返済については、それぞれの払い方タイプによって利子分となる金利が、高めだったり低めだったりすることもあれば、借入残高によって返済期間中に変更となる場合もあります。

ですから、返済期間中の生活設計を考慮するためにも、利用するにあたっては返済がどのようなタイプになるのか理解しておくことがポイントになるのです。

カードローンの審査には健康保険証が有利

銀行でカードローンと契約をする時には、当然のことながら身分を証明する本人確認書類が必要になってきます。

運転免許証、健康保険証、パスポートなどです。

もちろん、銀行に限らず、キャッシングの申し込みをする時には本人確認書類が必要となります。

そして、ここで注意してもらいたいのが、これらの書類に記載されている住所です。

もしも、本人確認書類に記載されてい住所が、現在住んでいる住所と異なっている場合は、別途書類が必要になってくるのです。

この場合は最近支払った公共料金の領収書などで対応できるので、上記のケースに当てはまる方は前もって用意しておくといいでしょう。

また、必要となる本人確認書類には、運転免許証を提出する方が多いとは思いますが、できるだけ健康保険証を提出するようにしましょう。

健康保険証は企業にきちんと勤めている証明になり、審査に通りやすくなります。

また、一流企業で働いている方であれば、年収が多く安定していると判断され、借入限度額でより有利になるでしょう。

また、共済保険であれば、公務員と見なされますから、収入と仕事が安定しているという判断が下されます。

つまり、与信が大きくなるわけです。

これは国家公務員でも地方公務員でも変わりありません。

収入も雇用も安定している職業だからこそ、カードローンを利用するときは公務員であることをアピールしましょう。

カードローンの審査には健康保険証が非常に相性がいいのです。

参考サイト

  • 借入比較ガイドブック・・・実際にお金を借りてみた体験談及び、人気の借入ローン会社のランキング比較等。
  • 事業者ローン・・・人気のビジネスローン・事業者ローン会社をランキング比較しています。